4月23日開催!Wowooプロジェクトカンファレンスレポート

こんにちは白井です!

4月23日に香港で開催されたWowooプロジェクトのカンファレンスにいってきました!

新しい発表もありました!

当日のスケジュールに沿って、記事書いていきたいと思います。

Wowoo Project.1. “Oysee”

ここでOISEEプロジェクトが発表されましたね!

それではOISEEプロジェクトとは何なのか。

魅力についてお伝えしていきますよ〜(*´꒳`*)

OISEEプロジェクトのミッション

食の感動の価値化することで、世界が平和に

というのがミッションです。

これはCEOである Lee Shinさんが友人から

「自国で食べる料理より日本のこの国で食べる自国の料理のほうが美味しい」と言われた

経験から、日本の文化には、どの国の食をどの国よりも美味しくするマジックがあると感じたそうです。これは日本のおもてなし、生真面目な国民性にあるとしています。

このように、Lee Shinさんの友人が感じたような感動を価値化して広めていこうということですね。

OISEEプロジェクトの目的

OISEEプロジェクトの目的として

ブロックチェーン技術で、美しく世界に触れる味、文化を、たとえ一店舗のものであっても世界展開することを、誰でもが、簡単に、実現できるようにすること。

とあります。

現在でも例えば一風堂さんなど日本から発信されて世界に店舗展開されている店舗は多くありますよね。

ここで「食を広めて感動を広めるのに、通常に店舗展開よいのではないか。なぜブロックチェーン技術を使うのか」という疑問があるかもしれません。

実は今の通常の店舗展開では、多くのリスクがあります。

新しく店舗を展開するには多額の資金が必要ですし、店のオペレーションについても文化や言語の違いからその場所ごとに構築しなくてはいけません。さらに知名度も国をまたいでしまうとありませんので、新たに集客する必要があります。

こういった店舗展開を難しくしている問題点をブロックチェーンで解決していこうという事ですね。

FOOD Culture Supplier(フードカルチャーサプライ)

FOOD Culture Supplier(フードカルチャーサプライ)とは、ブロックチェーン技術を使った「SOM」「SCC」「CRM」という3つの機能のことです。

それでは3つの機能をひとつずつ見ていきましょう。

①SOM(Shop Operations Management)

食のお店を出す時に必要なシステムを全てブロックチェーンで提供します。これにより、店ごとのオペレーションの不正や仕入れのバラツキがない状態で、運営することができるインフラを提供することができます。

②SCC(Smart Coupon Creator)

OISEE TOKENを持っているユーザーにクーポンを発行し、かつそのユーザーがクーポンを配布

、拡張することができる機能を実装することで、ホルダーに集客を応援してもらうことができます。

③CRM(Customer Response Management)

お客様は、ブランド・お店・従業員の対応に、応援メッセージを出すことができます。これを多くもらって入れば、そのお店はうまくいっているということ。うまく行っていなければ、テコ入れが必要だということ。これらの傾向がすぐわかり、ジャストインタイムの対応ができるシステムを実装します。

これによって今までできなかった、シェフやサプライヤーに直接チップを渡すということができるようになるのです!

OISEE TOKEN保有者にはAriDrop(エアドロップ)

エアドロップがあるそうです。

無料なのでとりあえず欲しいですよね(*´꒳`*)w

OISEE TOKEN

WowooICOプラットフォームと連携してICOを行うという発表もありました!

プロジェクト名:OISEE(オイシィー)

仮想通貨主体:OISEE Ptd.Ltd

コイン名:OISEE TOKEN

コイン記号:OIS

 

2020年の世界の食市場規模の予測としては680兆円あるそうです。

ここがOISEEトークン市場となったらかなり市場規模は大きいですし、それだけ食の感動も世界に広がっていきますね。応援していきましょう!

Wowoo Project.2. “Zipang”

すごく簡単にいうとブロックチェーンをかけあわせるプロジェクトです。

ミッション

ミッションは非常にシンプルで世界最高水準の金鉱山に投資をし、投資収益を最大化することです。

仮想通貨は世界中でお金としてみとめられているという事実がありますが、金というのはこれらのお金とは異なった性質をもっていて、埋蔵量がかぎられているから、価値があるものとなっています。

この世界のお金である仮想通貨を使って金に投資していきましょうということです。

GGTトークン

GGTは、金の埋蔵と仮想通貨を結びつけるトークンとして発行されます。

GGTをもっていると日本のゴールドマーケットでもっているトークンでディスカウントして購入できるそうです!

世界基軸通貨であるドルと金価格は逆相関性があると言われており、金はドルのヘッジ先となることもある価値あるものです。

これがトークンによって安く購入できたら良いですよね(*´꒳`*)

さらに、今は新しい時代を迎えており、金のマイニングの会社としても新しい展開を迎えているそうです。

新しい時代の会社の概念としては

①不正がないか

②シェアリングエコノミーの概念

③みんなの意見がクリアにどこでも伝わる

としています。これをブロックチェーンを使う事で実現していこうというわけです。

Atlanta Gold Incの魅力

今回プロジェクトに関わる Atlanta Gold Incはカナダで上場している会社です。

OKWAVEさんやアイロムさんもそうですが、まずは上場企業というだけで安心感や期待感が違いますよね。

そしてこのAtlanta Gold Incは金のマイニングプロジェクトにずっと投資をしており、監査も入っている会社なのでノウハウと信頼があります。

さらに金の評価としては埋蔵量で価格は決まりますが、アトランタ社は自社で持っているので、掘れば価格は上がっていくそうです。

そして金鉱山の話をきいても実際に埋蔵されている金があるかわからないのではないか?という疑問があかもしれません。

しかし、NI43-101という金が眠っているという証明もあるそうです。

↓こんな感じでチェックできるそうです。

 

15億ドルほどの金の埋蔵量、リソースがあるので、投資家の方にも喜んでいただけるのではないかとのことでした(*´꒳`*)

さすが金という感じで・・・市場規模が大きいものになりそうですね!!

Wowoo Project.3. “Fun Betting”

こちらはスポーツの感動を形にするICOです。

目的

スポーツの感動を形にすること。

選手、チーム、ファン トークンを通じて一つになる。

概念

感動をコアにして、応援の投資をする、その応援と投資をもっとクリエイティブに行い選手の育成にも繋げる。

選手は所属しているところからお金をもらうが、他からもらう概念が今ではありません。

今回トークンを使って、選手を支援するニューモデルケースを作ろうということですね。

感動をもとにベット→配当が行われる

 

感動✖︎投資(ベット)

・エクセレントプレー

・フェアプレー

・ネバーギブアッププレー

・チャレンジプレー

・パーソナル

こういった感動を元に評価を行い配当を行うそうです。

勝ち負けのみが評価の対象ではないということですね。

 

感動✖︎創造

テクノロジーを使って、より一層感動を感じてもらえるシステムを作っていく。

スポーツ界はアナログにやっているところが多いそうなので、これをテクノロジーを使って変えていこうということですね。

例えば、ロナウドが今のプレーをするのはただ頑張っているだけではなく、テクノロジーを使っているはず。そういうのが共有して見れるようなのも提供していきたいということです。

ブッロクチェーンに記録することで、スポーツの感動エコシステムが作られていくのですね(*´꒳`*)

スポーツの市場

スポーツファントップ3

サッカー  50億人

クリケット 22億人

テニス   20億人

トップ3だけでもすごい人数がいますよね。

スポーツTech市場は今後も増えていくし、さらに

世界の人口も増加していくきます。

みんな何かしらのスポーツファンであると考えると、市場はひろがっていくと考えられますよね。

 

 

トークンについて

コイン名:FANbetting

コイン記号:FANbetting(仮)

1FANBTG=0.02NEO

 

トークンセールが待ち遠しいですね!

スポーツの世界からすばらしい世の中へ!

 

Wowoo Project.4. “Life X”

LIFEXといえばアイロムさんが行なっている医療にブロックチェーンをというプロジェクトですよね。

生体データをブロックチェーンにあつめて、体の悪いところを事前に予測して治したり治療が遅れたら細胞を複製し届けるということが可能になるかもしれないのです。

 

ウエアラブルデバイス

抽選でトークン買ってくれた人に配るそうです!

腕につけるリングみたいなやつでした!

ダッチオークション

トークンの金額について高い金額から下に下げる。一番多い価格帯にするということでした。

これによってみなさんの生命をもてあそばない。尊厳をもってかってもらうという目的があるそうです。

エアードロップする

ウォレットをもっていると、トークンがもらえる仕組みですよね。

LIFEXでもこちらを行うそうです!

 

医療費が上がっている、寿命も伸びているという現状で、ブロックチェーンを利用することで長生きでき、健康でいられる、さらに富も増大できるというというサイクルに変えていけるのですね!

全体的なWowooのスケジュール

来年にかけてプラットフォームを作って行くとのことです。

とりあえず、ウェブで夏頃ある程度の形にしてお披露目できるそうです。

今後もプロジェクトを選ぶ基準は「感動」にフォーカスしていくそうです。

実際のサービスはここに集まるという考えからですね。

 

感動とブロックチェーンは相性がよく、スマホを毎日使うように実生活に浸透するように、ブロックチェーンがななっていくといよいとの話もありました。

 

Wowbitの近況

最近トークンがあと少しで配れますというニュースがネットで出てましたね!

そちらはその情報の通りでもうすぐ渡せますとのことでした。

上場に関しては何社か話がついておりほぼ確定しているとのことでしたが、名前と時期はいえないとのことでした。

 

とにかく勢いのあるWowooプロジェクト。

今年はWowooの一年にきっとなりますね。

みんなで張り切って応援して、ブロックチェーンを通じて、感動のあふれる世界を作り上げていきましょう(*´꒳`*)

1 個のコメント

  • いつも拝見しております
    wowooに関しての情報を教えていただきたいです。
    よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください